スマートフォンサイトの必要性はあるのか?というテーマについてご説明します。


iPhone、Desire、Galaxy、Xperiaなど、スマートフォンを利用するユーザーが増えてきております。
今後も各キャリアは新機種のスマートフォン割合を増やすことによる買い替え需要などにより
増加していくことは明白な事実です。

上記の理由からか、弊社クライアントさまよりスマートフォンサイトについて、
最近お問い合わせが増えてきております。

------------------------------------------------------------------------------------------
個人的な見解を結論から言いますと、

スマホ専用サイトは必要はなく、
モバイルフレンドリー
対応で十分』と思われます。
-----------------------------------------------------------------------------------------

モバイルサイトとスマートフォンサイトでの違いについてはどうか?

モバイルサイト
スマートフォンサイトは必要ないという理由について

モバイルフレンドリー対応さえしていれば、別にスマホ専用サイトを制作する必要はない。
・PC、タブレット、スマホそれぞれに対応できるレスポンシブデザイン対応することで個別にそれぞれ制作する必要はなくなります。

大きくいって上記2点からすぐにスマートフォンサイトが必要ではないという理由づけになります。

スマートフォンサイトが必要だと営業してくる会社さんの多くで営業トークとしてよく使われてるのが、『小さな携帯端末でPCサイトを見せているということ自体に相当なストレスをユーザーへ与えているのでスマートフォン専用のサイトが必要です』という内容のものです。

確かに、スマートフォンのような小さい端末でPCサイトを見ること自体に限って言えば見やすいとはとても言えません、OSにより上下、左右にスライドさせないと見れない場合も多々あります。ただ、ユーザー見地でいうと、利用者はすでにPCサイトをそれとわかって見てるという事実もあります。

スマートフォンサイトを作ることより今必要なことは、「PCサイトがスマートフォンですべてのページがきちんと見れるようになっているか、申し込みフォームが完結できているか?」、をまずチェックし、そうなっていないところをまず改善することの方が今一番必要なやるべきことです。

また、モバイルサイトも独自で作成するのもよいのですが、今ではブログをモバイル用として活用するのも情報のタイムリー性やアルゴリズムに合わせる上ではよい活用方法ではと思います。スマホでも当然見れます。

弊社でもスマートフォン用として既存サイトをカスタマイズやスマートフォンサイトを製作することも可能です。
ただ、今すぐ必要なものではない、今すべきことはPCサイトをスマートフォン用として全ページが閲覧できるように改善が必要だということだけを理解していただきたいと思います。

ユーザーの利用形態の変化に応じ対策を講じていくことが優先されるべきだと思います。

GoogleやYahooの動向変化にもよりますが、検索エンジンの状況がスマートフォン独自の用途に変貌しない限り今のところ取り急ぎスマートフォンサイト製作が急務ではないと言えるのが私の見解です。

但し、モバイルフレンドリー対応は急務と考えられます。


よくわからない場合はまずご相談ください。