最近、CMSの需要はかなり増えてきた感がある今日このごろですが、

中でも、WordPress

これのいい所といえば、多種多様なサイト構築ができるということ。
ブログとしても使えるし、CMSとしても使える、膨大な検索システムも動かせる。
プラグインも作成してしまえば、機能としては申し分ないツールではあるが、

請ける場合に、ボーダーラインをはっきりしていないと、制作側としては
フルカスタムになり、かなりな製作時間と予算オーバーになることも。

現在では昔のような簡単にちゃちゃっと作るWordPressは存在しないように感じます。

便利である反面、機能が充実しすぎて、説明も管理も大変になってきている現状を踏まえると
普通のHTMLと通常のCMSがあればことが足りてしまうこともしばしば。

またデメリットとしては、

お客さん側からしてみても、管理画面から非常にとっつきづらい。
素人さんにはハードルが高い。
まあ、もとは英語のUIを翻訳してるだけなので、当然当たり前といえば当たり前。

他社から移ってきた弊社のとあるお客様も
結局、せっかくWordPressで作製したホームページを通常のhtml(レスポンシブ対応)とアメーバーブログの連携
ページにリニューアルすることに(笑)

WordPressは作り手側からすると、これだけ機能は充実しているのだが、いざ使う側からしてみると
非常にハードルが高いツールである。


また、WordPressが自動でアップデートされるようになりかなり混乱も、
「簡単」と銘打っているのにwp-config触らなきゃいけなかったりとか
こちらもお客様自身で更新・変更するにはハードルが高すぎる。
自動更新させないようにする方法もあるにはあるが・・・・・。

アップデートしたらプラグインが動かなくなった!という症状もしばしば・・・。

「管理費用削減のためにCMSにしましょう!」と広まったツールではあるのに、
こういう対応に追われてしまうのは皮肉なことではある。

弊社では一応お客様側での要望と現状のスキル状況とどんな風にしたいかを
考慮に入れながらご提案しているので、今の所混乱はないが、

昔のようにWordPressで簡単にという時代は既に終わっている。